iOSのSafariでヒューリスティック検知機能を利用するには

2021年12月より詐欺ウォールに新搭載されたSafari検知機能は、詐欺ウォールが持つ3つのエンジンの内ブラックリストのみで詐欺サイト検知を行います。 Safariブラウザ上で詐欺ウォール独自のヒューリスティック検知を利用した詐欺サイト検知を行うには以下の手順が必要です。

  1. Safariを開き「アクション」メニューを選択

  2. アクション項目を下にスクロールして「アクションを編集」をクリック

  3. 詐欺ウォールをONに変更
    (一度ONにすると、以後は検知が可能となります)

  4. ONにした状態で、アクションの選択から詐欺ウォールをタップすると、その時に開いているWEBサイトが危険なサイトであるかの検知を実施できます

    検知した場合

    検知されない(安全な)場合